グループホーム
「ひだまりのいえ」とは

ひだまりのいえにご入居されるご利用者さまは、社会的になんらかの支援を必要としています。
部屋を片付ける事が出来ない方、朝起きることが苦手で欠勤ばかりしてしまう方、世話人のほんの少しのサポートで生活が整っていく方が多くいらっしゃいます。
私たちは〝本人の強み〟(ストレングス)に重きをおいて自立支援のためのケアプランを立てています。
障害者の自立支援についての考え方に「ストレングスモデル」という手法があります。ケアプランを立てる際にその人の強みに着目していこうとする考え方です。かつては「医療モデル」といって疾病の改善を中心に考えるプランや、ただ社会資源を紹介するだけのプランが障害者支援の中心でした。
ひだまりのいえでは、障害者総合支援法に基づきその人の生活におけるニーズを優先してサービス計画書を作成しています。

スタートはひだまりのいえから

自立への第一歩としてグループホームでの生活を始めてみませんか。ゴールは人さまざまでひとり暮らしを目指す方も多いです。

サービスの標準化に努めます

極端な独自な考え、接遇をひだまりのいえは好みません。グループホームにおけるスタンダードなサービスを追求しています。

ガスと包丁が使えるホーム

自炊できることは自立するための大切な能力だと考えます。ひだまりのいえでは包丁を自由に使用することができます。「生活のルール」を守ることができる方のためのホームなのです。

お知らせ

ひだまりBlog

  1. お昼ご飯は自炊しています
  2. どこから説明したらよいのかわからなくて困る件について
  3. タスクが多すぎる!
  4. 女性棟での食事会。
  5. 「シロウトは黙っとれ!」の場面
  6. クリスマスっぽいことやっていますよ
  7. 今年一年を振り返る/国語の大切さ
  8. 新しくやってきた人を排斥したくなる気持ちについて
  9. シフトの充足は大事
PAGE TOP